若い力2

TNR活動
02 /16 2014
Tさんは、とうとう母ちゃん猫を捕獲しました。
お友達が、腕を噛まれながら捕まえてくれました。
慣れてないので、避妊しリリースしました。
費用負担も全てTさんがしました。
若い人が頑張っているのに、このままではいけない。
猫を飼っていると思われる家に行きました。
ご主人、息子さん、お孫さん、たまたま来ていたお客さん。
いきなり訪ねて来た私に、猫の事を話してくれました。 
話してみて分かったのですが、猫はパチンコ屋に捨てられる。
敷地が広く、倉庫や庭のある、その家に住み着く。
エサはパチンコ屋のお客さんがやる。
今までに、慣れた子猫を知人に貰ってもらった事もある。
メス犬を飼っていて、倉庫に忍び込んだ野良犬の間に仔犬が産まれた。
里親探しに苦労したから、避妊の大切さは分かっている。
猫を飼ってないし、エサもやってないと思ったのは、犬は好きだが、猫はあまり詳しく無い。
キジトラ猫を「あの黒いんが、3匹おるやろ?」 と言った事。
触れる猫も「逃げて触れんやろ?」 猫に興味があれば、トラネコと言う筈ですし、触れる筈。
捨て猫がダニを媒介するから、倉庫のダニ駆除を行っていて大変だと嘆いた事。
猫を捨てた奴が、パチンコ屋さんと、この家の人に迷惑をかけた。
猫は嫌われ者になり、事故で死んだりして哀れです。
猫を捨てるのは、犯罪で罰金がある事を知り
「この罰金、何に使うん? 猫の保護にくれたらええな。」と言ってくれました。
今後  捨てられないように、監視カメラなどの対策を取る予定です。
猫の保護、避妊をしたTさんは、パチンコ屋さんに監視カメラをお願いに行ってくれます。
飼い主のいない母ちゃん猫の事も、見守ってくれます。
Tさんによって、何十匹という、可哀想な猫が増えるのを防ぐ事が出来ました。
Tさん、本当にありがとうm(__)m
ランキング参加中
 
ポチっ
クリックお願いします
 

  
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

BONにゃん

大切な命をつなぎたい